2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
物としての存在感
2009-03-14 Sat 00:20
引き続きアップルの話題。

 昨日話題にしたワイアレスベースステーションAirMacシリーズ(ExtremeやExpressなど)はWin機でも使えるがWinのみのユーザーが敢えてお使いになるとも思えない。しかし、iPodシリーズはMacユーザーを越えてユニバーサルな大ヒット商品となった。

0903124.jpg またまた小さくなったiPod shuffle。どこまで小さくなるのか。初代iPodShuffle(↓)はこんなで、二代目(↓)がこんな、そして、この三代目(←)はとうとう本体から操作ボタンが消えてしまった。二代目、三代目は同縮尺で合成(三代目の写真は裏のクリップ側)。パッケージも小さいし値段も1万円を大きく切っているし、売っているところを通ったらうっかり買ってしまいそう。
0903125.jpg
 そして、写真の右下にあるでかいやつはiPod of iPodと言うべき元祖iPod。2001年秋に初めてiPodが登場したとき、あのスクロールホイールを使ってみたくて数ヶ月後に購入。タッチセンサーでない機械式のホイールはこの初代iPodだけ。回した時のカチカチという音が軽快だ(ソフト的に出している音だけど)。そして、なんといっても物としての存在感に溢れている。
別窓 | Macで天文 | コメント:3 | トラックバック:0
<<星は見えそうだが、恐怖の結露も | 霞ヶ浦天体観測隊 | ワイアレスに頼りきっていると、、、>>
この記事のコメント
3代目shuffile、買うかどうか思案中です。iPod touchは、持ってますが、やはり、つなぐたびにshuffleして曲を入れ替えてくれるインターフェースは魅力的です。
2009-03-14 Sat 11:20 | URL | meineko #-[ 内容変更]
小さすぎてどこに行ったか探すのに苦労しそう。
2009-03-14 Sat 11:34 | URL | ugem #-[ 内容変更]
>meinekoさん
 写真に入れなかったけど私もiPod touch持っています。mini、nanoは持っていません。iPod(最近ではclassic)、mini、nanoはコンセプトがほぼ同じですが、shuffleは別物に感じます。touchはiPhoneまでの疑似餌みたいなもんですかね。

>ugemさん
 襟やポケットに挟んだまま洗濯機に入れちゃいそう。
2009-03-14 Sat 12:23 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター