33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
『Burnham's Celestial Handbook』
2008-10-28 Tue 00:03
11日間連続星見られずというのは昨年7月の12日間に次ぐ最悪記録。外は大雨、爽やかな秋の空は何処かと愚痴のひとつも言わせて欲しい。
 1988年に地人書館から刊行されたR.バーナムJr.著『星百科大事典 改訂版』(16800円)については『まどぎわ観望日記』でもたびたび引用されていて、kawashimaさんのユーモアと相まってとても魅力的な本に感じられる。残念ながら現在絶版状態のため購入はできないので、どこに行けば閲覧可能か県内の図書館を横断検索してみたところ、意外や意外近所にあることが分かった。で、さっそく行って見てきた。

 厚さ10cmはあろうかという分厚い、まさに大事典。冒頭の部分ではかなりの頁を割いて、この本を作る事になった経緯や心意気が熱く語られている。再版されたら買ってしまうだろう。

081010.jpg で、これはその原本。3分冊になっている。読む根気はないんだけど買ってしまった。日本語版が再版されると良いのだが、それがだめでもkawashimaさんには引き続き解説をお願いしたいところだ。なぜなら、自分で読むよりもkawashimaさんの解説で読んだ方がはるかに楽しいからだ。
別窓 | 星の本 | コメント:2 | トラックバック:0
<<『クリスマスにミラを見ようキャンペーン2008』 開始迫る | 霞ヶ浦天体観測隊 | 山中児童センタープラネタリウムの活動>>
この記事のコメント
おおっ、買われたのですね。私も買おうかどうか毎日悩んでます。最近円高だし(^^)
冒頭の部分はぜんぜん読んでいませんでした。そんなに熱い語りがあるのなら、ぜひ読んでこないと。
2008-10-28 Tue 22:22 | URL | kawashima #-[ 内容変更]
これだけの情報を集めよう思ったら12回生き直しても足りないよというのはなかなか良いでしょう。
ともかく、kawashimaさんの解説だけがたよりですので、今後もおもしろネタやうんちくを紹介して下さい。
2008-10-28 Tue 22:50 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター