2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
7月の晴天日数
2023-08-20 Sun 00:00
____07年08年09年10年11年12年13年14年15年16年
すごい空 0夜 0夜 0夜 1夜 1夜 1夜 0夜 0夜 0夜 0夜
3等星級 2夜 2夜 6夜 3夜14夜 1夜 4夜 5夜 7夜 5夜
1等星級 7夜10夜 4夜 7夜 2夜 7夜 7夜 8夜 5夜 3夜
____17年18年19年20年21年22年23年
すごい空 0夜 0夜 0夜 0夜 0夜 0夜 0夜
3等星級10夜 7夜 4夜 2夜 8夜 2夜 4夜
1等星級 2夜 6夜 4夜 0夜 2夜 9夜 9夜
別窓 | 晴天記録 | コメント:6
<<ほぼ全編が土浦を舞台にしたSF物語 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 草刈機ギヤケース周りの清掃>>
この記事のコメント
7月、8月とも、丹波の田舎に帰郷したのですが、いずれの機会もM31が肉眼で楽に見える「すごい星空」に出会えました。あちらは、夏の温度は高くなっていて、昼間38℃とかザラですが、空気が乾燥しているように感じられ、星はよく見えるようになっていると思います。最近、関東の空が「白空」に進んでいるのは、どういうことなのかよくわかりません。
2023-08-20 Sun 12:00 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
2010年の梅雨明け十日の頃、8月3日から11日の9日間に6回の「すごい星空」を体験しています。その時は毎日昼間は35度越えの猛暑日続きでした。近年は、昼の猛暑を耐えてもご褒美の「すごい星空」は現れない様に感じています。どうしてこういう白い快晴夜「白空」が生じるのでしょうね。ある人は塵だよ言っていましたが、昼間はけっこう透明度が高い日もあるので、なぜ夜だけ?という疑問が残ります。
2023-08-20 Sun 12:46 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
7月はともかく、8月の関東の「すごい空」というのは、私の印象では、秋晴れの先取りという感じの空でした。いわば、秋の月夜が明るいような感じの月の無い夜のようなものです。(喩えが複雑すぎますが)
そうではなく、暑い8月の日の「すごい空」というのなら、台風一過のフェーン現象のような空のパターンもあるようです。今月の関西は、台風6号の影響であったと思います。7号の進路も影響を受けたでしょう。2010年8月上旬も韓国方面に台風があったようです。

 次に、関東の最近の「白空傾向」ですが、これは、午後遅くに湿度が耐えきれずに上がってくる傾向のようです。私は、上昇気流の配置と関係しているような気がしますが、雷雨との関連をみればわかるかもしれません。昔は、ネットの雷雲情報なんてものはなかったので、わからないのですが、近年多い(今年はそうでもないみたいですが)、埼玉東部から、野田、常総、つくば市の南に雷雲が動くパターンは、昔からあったのでしょうか。それから、台風一過の青空がなくなったのも、なんか関係がありそうです。以前は、台風一過は彗星発見のチャンスとかありましたよね。
2023-08-20 Sun 15:54 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
ふと嫌なことを思いつきました。
我々の目が老人特有の劣化をしているので夜になると白く見えるってことないでしょうか?
2023-08-20 Sun 22:07 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>我々の目が老人特有の劣化をしているので夜になると白く見える
はい、昼間の明るい環境で、あたりじゅうが白く見えるのは、老人性劣化の可能性が高いです。でも、私の経験では、これが起こるのは、視野がまぶしいと感じられるような場合です。

いっぽう、こんな劣化した目でも、「すごい空」ならM31が楽に見えます。夜の白空ならM31は見えないでしょうから、「昼の白空」と「夜の白空」は区別すべきかもしれません。現在の関東の状況では、「夜の白空」は16時頃から起こっているようなので、昼→夜の変化を観察すれば、目に起因するのか空に起因するのかある程度わかるかもしれません。
2023-08-21 Mon 07:11 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
確かに夜の白空が白内障に原因があったなら、空以外の闇も白くなるでしょうから、そうでないならその線は消えますね。

そして、蒸し暑い夏だけでなく、冬場も空が白く見える夜が多くなっていると感じたことを思い出しました。
2023-08-22 Tue 14:55 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター