2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
ナイロンブレードをいくつか比較してみようと思う
2023-08-08 Tue 00:00
家の周りの雑草地には根を張っている低い切り株や倒木や枯れ枝がけっこう落ちていて、夏場はその上に雑草が覆い被さっている。チップソーを使っているときに、草だと思って近づきすぎると草の奥の切り株に当ってしまいキュイーンという音を立ててキックバックを受ける。マキタの電動草刈機はそこで回転が止まるので安全ではあるが、なるべくなら硬いものには当てたくはない。
そう考えると、少なくとも障害物の位置と範囲を確認するまではチップソーよりもナイロンブレードの方が合っている場所なのかもしれない。ストレスを感じるほど切れ味が劣るのでは使う気にならないが、そこそこ切れるナイロンブレードがあるなら状況に応じて使い分けしてみたい。

試しに数種類使ってみた。
 (1)巴工業株式会社 生分解性のTomoet bioline™ 2.2mm [2.2mm]
 (2)OREGON Flexiblade™ 2.65mm [2.8mm]
 (3)たくみ くさかりコード鋸刃型 1.6mm×3.6mm [1.7mmx3.6mm]
 (4)カル・エンタープライズ 草刈用ツイストコード 三角 3mm [2.7mm]

2308062.jpg1つ目の数字はパッケージに書かれている太さの値、2つ目の[ ]内の数字は2箇所を測った平均値。パッケージに表示されている太さの値と実測値は若干異なるようだ。なお、右写真の一番左側の透明なコードはウルトラメタルローラー4に装填されていたマキタのコードで、この比較には使っていない。

2308061.jpg1mあたりの価格は税込(送料込み)で、それぞれ146円(170円)、66円(66円)、87円(123円)、62円(116円)ほど。一般に高いと言われるオレゴン製品(2)が安く感じられるのは送料無料のAmazonで購入したからで、1mあたり10円くらいのものもある中で、国産の個性的な製品はそれなりに高めになるのは仕方がないだろう。
また、(2)の代わりに同じオレゴンのナイリウム スターライン2.4mmも気になったが、たいへん人気でどこのネットショップも数ヶ月待ちになっているので諦めた。

それぞれの使用感はまた今度。

ナイロンブレードについて参考になりそうなYouTube動画:
WASABI CHANNEL:土に還る!画期的な草刈コード
 数少ないTomoet bioline™の使用感を紹介している動画。
やまぐち1957
 ほぼナイロンブレードに特化した草刈りをしている1957さんのYouTubeチャンネル。オレゴンのスターラインやフレキシブレード、たくみ鋸刃型くさかりコードの他、忌憚なくいろいろなブレードをレビューしている。いまのところTomoet bioline™の紹介はない。
別窓 | 観測所の周辺 | コメント:0
<<1日で300%を超える | 霞ヶ浦天体観測隊 | 一つの時代の終焉なのか?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター