2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
ナイロンといえども切れるブレードであって欲しい
2023-07-29 Sat 00:00
2307251.jpgこの前、ナイロンブレードの使用感に納得がいかないと書いたが、あの後最強の評判があるオレゴンのフレキシブレード2.65mmというのを試してみた。ブロック塀際はもちろん少々のヤブもびゅんびゅん切れバリバリ粉砕されている手応えがある。これならば障害物周辺だけに限定せず、普通の雑草地もストレスなく刈れそうだ。ただし、ナイロンブレードの宿命だが、この樹脂の破片を環境にばら撒き続けるという問題点がある。
別窓 | 観測所の周辺 | コメント:0
<<鹿島海軍航空隊跡 公開始まる | 霞ヶ浦天体観測隊 | 梅雨明け十日の真っ只中>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター