2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
茨城県北産の蜂蜜
2023-08-11 Fri 00:00
職場の知人が、仕事中にスズメバチに体当たりされて直後に足を刺された!それについて、これは蜂の祟りかも?という話をしていた。
どういうことか尋ねると、お父さんが趣味で養蜂をしているそうだ。ミツバチをそうとう可愛いがっているらしいので、祟りは受けないだろうけど、どんな蜜が採れるのか興味を示したところお裾分けをいただけた。

2307176.jpgで、頂いたのが写真。特定の花の蜜ではない、いわゆる百花蜜。市販の蜂蜜に比べると、色は濃いめで、はっきりした独特の果実香が漂う。透明度もまずまずで、ロウの様な不純物はほとんどない。さらっとして、味は上品。この品質ならば、市販品より高くても欲しい人はいるだろうなと思った。
別窓 | 雑感 | コメント:0
<<抗新型ウイルス薬の候補 | 霞ヶ浦天体観測隊 | ナイロンブレードの使用感>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター