2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
猛暑中日の草刈り
2023-07-18 Tue 00:00
2307175.jpgこの3連続の猛暑日、その中日に草刈りをするには早朝しかない。6時にはすでに気温は30度に近づいている。さっさと済ませてしまおう。そして、今日できないところは明日の夕方、帰宅してからか。

ヨメさんが草刈りをした際に出てきた邪魔な倒木や木端を何年も山積みしてきたところに雑草が覆い被さっている。周囲の草を刈りたいのだが、うっかりチップソーで近づくと切り株に当たってキックバックを起こす。木端の山の形がわかるように一度雑草を刈ってしまいたいと思っていた。そこで、ナイロンコードを使って刈ってみることにした。

2307174.jpg使ったのはマキタ純正のウルトラメタルローラー4。地面を叩くと自動でコードが繰り出される仕組みになっている。

2307171.jpgナイロンコードなら心配なく固いものにも接近できるので、間もなく木端の山の形が現れた。
やりながらコツのいくつかがわかってきた。繰り出しの量は叩きつけている時間の長さで微調整できそうだ。また、出ているナイロンコードが短すぎるとあまり刈れない様で、7〜8cmくらい出してちょうど良さそうだ。また、回転数が遅い(4600回転/分)とダメで、3段階の2(5500回転/分)以上が必要だ。

2307172.jpgマキタのウルトラメタルローラー4に装填されていたナイロンコードを外して、生分解性繊維で作られている巴工業株式会社のTomoet bioline™も使ってみた。刈り具合はそれほど違わない印象だが、コードの破片が自然界で分解されてしまうという安心感の分、長さあたり価格は一般品の4〜5倍とかなり高い。さらに、自然に分解されていくと思うので、あまり長期間の保存に向かないかもしれない。

2307173.jpgナイロンコードカッターの弱点はギアケース周りに草が巻きつきやすいことだ。腕を伸ばして引っ張り取ることしばしばで、それでも取れずに草刈機を下ろして巻きつきを解すことも何度かあった。次の購入予定アイテムは巻きつき防止カッターということになる。

ナイロンコードはバッテリー消費が激しいと聞いていたが、1時間半で3/4目盛消費で済んだのは予想以上に長持ちした印象だ。この点でも草刈機マキタMUG007の推し度合いがさらにアップした。
別窓 | 観測所の周辺 | コメント:0
<<篠やぶにはシュレッダーブレード | 霞ヶ浦天体観測隊 | この3日間を生き延びよう>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター