2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
まだ笹刈刃は使わない
2023-06-24 Sat 00:00
2306042.jpgいわゆる笹刈刃、灌木でもシュッシュッとスライスしていく動画を見て、あんな風に切れるものか、あるいはあれはプロの技なのか、それを体感したくてお試しに使ってみた。事前にアサリ割[下の画像]と目立てをしておいた。

2306043.jpgこの刃は、柔らかい草叢ではなく、硬くなった篠竹林で使うのを想定しているので、硬くなった篠竹を試しに刈り始めたところ、いきなり竹の断片が足へ飛んできた。怪我はないが、この刃を使うならフェイスガードなどの防具も必要になりそうだ。
差し当たって自宅周辺では使う必要はないが、シュレッダーブレードの様な使い方もできるようなので、山での作業をするようになった際には使ってみたいと思った。
別窓 | 観測所の周辺 | コメント:2
<<『光る君へ』の予習のために | 霞ヶ浦天体観測隊 | AIへ接近する始めの一歩>>
この記事のコメント
20年ほど前、自治会の草刈り行事では、ガソリンエンジン式の笹刈刃を使っていました。防風の針葉樹林の下に篠も少々生えてていましたし、東大通りの歩道に面してけっこう大きな斜面もありましたので、直径のある笹苅刃が有用でした。若かったから良かったものの今から思えば、結構危険な場所だったと思います。業者さんが入ったこともあり、その時は、石で駐車していた車の背面のガラスを割られました。(石が車内から見つかりましたが、現場をおさえていなかったので証拠がなく、弁償せずに逃げられました。)

 つくば中心部では、国の官舎が縮小され、売却されて林のような宅地は減ってきています(上記の場所は今も残っています)。年に何十万円以上かかけて草刈り機や刈り払い機を維持したことは今や昔話でしょう。
2023-06-24 Sat 05:38 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
笹刈刃でなくても一般のチップソーでも危険ですね。道路近くでやる時は、人や車の往来に最新の注意が必要です。刈払機でも15m円内は危険とされていますし、大型の自走式草刈機などは100m石が飛ぶそうです。当たれば死にますね。筑水キャニコムの「アラフォー傾子」は、刃の回転方向を工夫して石が飛ばない設計になっているようです。やり始めると結構楽しい草刈りですが、他人にも自分にも怪我をさせたら元も子もないので、注意してやります。
2023-06-24 Sat 09:22 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター