2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
同時に届いただけの脈絡のない3冊
2023-04-03 Mon 00:00
2303281.jpeg予約していた書籍が発行されたのと重なったため、偶然3冊が同時に届いた。今日は書名だけ記録しておく。

『なぜ私たちは存在するのか』 宮沢孝幸著 PHP研究所 2023年 1000円

 優秀な研究者をコロナ如きで消耗させては科学の損失だと思う。それでも奔走してくれるのは、根が真面目な人だからなのだろうと想像する。

『戦国武将列伝1 東北編』 遠藤ゆり子・竹井英文編 戎光祥出版
                           2023年 2800円

 東北編に蝦夷地の蠣崎季広・松前慶広が入っているが、津軽海峡文化圏・通行圏として北東北と一帯で考えるべきなので、この巻に入っているので正解なのだと思う。

『稲敷郡志』(影印版) 野口如月著 崙書房 1975年 3800円

 1916年(大正5)にいばらき新聞龍ヶ崎出張所が発行したものを、1975年(昭和50)に崙書房が影印版で刊行したもの。
別窓 | 雑感 | コメント:0
<<八朔を早めに切り上げて試しに文旦を取り寄せ | 霞ヶ浦天体観測隊 | これでようやくIntelMacとさらば>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター