2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
どうするオオヒシクイ
2023-03-05 Sun 00:00
2303041.jpegカメラでも星が映らないほどの霞空。

ところで、稲波干拓地のオオヒシクイ、2月27日に大方北帰してしまったと思われるのに、その日以来1羽だけが残っている。途中まで帰った仲間が迎えにきてくれるのを待っているのか、帰った群れは合流してくるのを途中で待っているのか、どちらなのだろうか。この一羽、なにかトラブルを抱えていて長距離を飛ぶ自信がないのか、この先どうなるのか目が離せない。どうするオオヒシクイ!
 →今日のオオヒシクイ
別窓 | 雨天曇天月夜日記 | コメント:0
<<『百人一首』成立の場にいた宇都宮氏 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 思わず出てしまう名台詞の数々>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター