2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
出版社の姿勢
2023-02-20 Mon 00:00
2302071.jpg『座敷唄集成』 井澤壽治編 東洋書院 2016年 2700円

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター提供の104曲のMP3音源を収録したCDが特別付録として添付されている。それについて以下のようなメモが入っていた。「104曲をCD1枚に収めるためMP3にせざるを得なかったが、対応していない音響機器では再生できない場合があります。ご不便をおかけしたお客様には一般音響機器対応のCD3枚を無料で送ります。ご自宅でも変換はできますがご入用の方はご連絡ください。」良い意味で伝統的な商売をしている出版社なのだろう。本文は読み始める前にそのような感想を持った。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
<<北へ帰ろう | 霞ヶ浦天体観測隊 | 三寒四温の始まりか>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター