2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
人新世での実践モデル
2022-11-18 Fri 00:00
2211092.jpg『ぼくはウーバーで捻挫し、山でシカと闘い、水俣で泣いた』
       斎藤幸平著 KADOKAWA 2022年 1500円

『人新世の「資本論」』の著者齊藤幸平氏が、2020年4月から2022年3月にかけて毎日新聞に連載したものに加筆し、書き下ろしを加えたエッセイ集で、前著とは大きく趣が異なる。いまや大阪市立大学の先生ではなくなってしまったが、本書そしてこれからの齊藤幸平氏の実践が宮本憲一先生のアドバイスで始まるというのは良し。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:3
<<ワクチンよりも自然獲得免疫の方が品質優良 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 火星 今期最接近へ向けてまだまだ増光中>>
この記事のコメント
そういえば、「大阪市立大学」は「大阪府立大学」と合併して「大阪公立大学」になってしまいましたね。理学部は、市立にあって府立にはなかったので、これまで通り変わらないのでしょうが、工学部は両方にあったので、杉本キャンパスと堺市中百舌鳥とがこれまで通り並立しているのでしょうか。
2022-11-18 Fri 15:09 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
工学部の土木工学科とか応用物理学科に友達がいましたが、公大にはそういう名称の学科はないです。市大の時点ですでに無くなっていたのかもしれませんが、どう編成替えされて、各キャンパスには何があるのかさっぱりわかりません。
2022-11-18 Fri 21:55 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
なるほど。行ったことないのでわかりませんが、杉本と中百舌鳥は御堂筋線で行けるくらい近いようなので、事前に研究室の交換のようなことをしたのかもしれませんね。

 土木工学系は、公大では、都市系の講座に入っている可能性があります。応用物理は、電子物理とかマテリアルでしょうか。学科の名前は変わるのが流行ですね。応用物理や材料工学では、市大と府大であらかじめそれぞれ得意分野があって棲み分けをしていたかもしれません。
2022-11-19 Sat 07:15 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター