2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
若き研究者の話題の論文集刊行
2022-08-27 Sat 00:00
2208263.jpeg『杉山城問題と戦国期東国城郭』 竹井英文著 戎光祥出版
                    2022年 9000円

話題の新刊論文集が届いていた。本書は、杉山城問題の中に投入した衝撃の論文を含めて、竹井英文さんのこれまでの杉山城問題と城郭に関する主要な論文が収録されている。これまでも折々に論文をご恵贈いただいていたので、本書収録論文のいくつかはすでに拝読させていただいているが、改めて全体を通読して、この問題の流れと周辺城郭の話題について、竹井さんならではの着眼点を再確認したいと思う。

竹井英文:序にかえて「基礎研究なくして研究の発展はない」
別窓 | 城郭・郷土史 | コメント:0
<<桃についての深〜い話 | 霞ヶ浦天体観測隊 | ローレンツ力には右手も左手もない>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター