33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
原発再稼働に弾みをつけさせないために
2022-07-25 Mon 00:00
2207182.jpeg『[朗読劇] 線量計が鳴る』 中村敦夫 脚本/出演
              西日本出版社 2022年 1500円

 福島原発配管工の独り語りで展開される朗読劇。茨城弁とも近くて親しみを感じる福島弁だが、子ども時代にいわきで疎開をした中村敦夫の経験が生かされている。原発問題の歴史、3.11事故、原発の現在と将来が語られ、この104分に耳を傾ければ原発問題の総復習ができ、終わったことにされちったらたまったもんじゃねぇという気持ちにさせられる。

 →中村敦夫「線量計が鳴る」紹介ムービー(公式)
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:3
<<夢物語の中にいるような同時代の風景 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 『鎌倉殿の13人』後半の予習に最適>>
この記事のコメント
この中村敦夫さんの語りを聞いていて、1973年の彼主演のテレビドラマ「追跡」を思い出しました。「木枯し紋次郎」に近い時期で、主題歌を唱っているのは同じ上條恒彦さんでした。「追跡」は「木枯し紋次郎」と違って社会派の作品でしたが、唐十郎さんと揉めて終わってしまったようです。当時はなんで短命番組になったのかよくわかりませんでした。ドラマ自身もよくわかりませんでした。

2022-07-25 Mon 13:52 | URL | S.U #Ol/FB2WA[ 内容変更]
中村敦夫さんは、演劇人としても政治家としても筋が通っている人ですね。
2022-07-25 Mon 20:37 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
はい。
 最近は、政治家の提灯持ちをする芸能人が多く、この人は誰のために大衆芸能をやっているのか、ゲンナリする人が多いです。
2022-07-26 Tue 08:29 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター