2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
カタログ収集
2008-09-06 Sat 21:07
カタログといえば、子供の頃はカタログ少年だった。『月刊天文ガイド』そのものがカタログみたいなものだったが、メーカーや機材会社へも郵送でカタログを請求した。ほとんどが有料で切手代用可だったので、家の買い置き切手がどんどん無くなった。そのうちに、望遠鏡機材のカタログが次々に送られて来て親にバレて叱られた。

0808222.jpg 昭和40年代の望遠鏡カタログはかなり集めたがそれもすべて今は無い。現在所有する最も古いものは、まだ天文復帰前の空白時代、1994年頃に高橋製作所から取り寄せた数冊。中井さんお勧めのTeegul-100もその中にある。

そうそう天体望遠鏡カタログといえばガラクマさんの『昔欲しかった天体望遠鏡』>「レトロ望遠鏡資料館」がすばらしい充実度。懐かしいカタログが展示されている。
別窓 | 天文少年の時代 | コメント:2 | トラックバック:0
<<金沢城の土星 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 星の無い季節の天文学>>
この記事のコメント
当時唯一(?)無料でカタログを送ってくれたのが、スリービーチで、よく眺めたものでした。
成東、パノップ、スリービーチが怪しい御三家だったそうですね。成東商会からは10cmF8鏡、スリービーチからはOr6mmを購入しましたが、私の目にはまあまあに思えました。パノップは20cmニュートンのオートコリメーションでロンキー像を見たことがありますが、中間部でS字状になる変わったミラーでした。
2008-09-07 Sun 21:17 | URL | 小泉孝道 #cUr9IdpQ[ 内容変更]
スリービーチのカタログは私も持っていたと思います。けっこう厚手で眺め甲斐があるやつですよね。何も買いませんでしたが。成東商会では6cm用の赤道儀を買いました。まぁまぁ使えましたね。TS-50を買ったので、『天ガ』の売りますコーナーに出して大阪熊取の同年齢の子に売りました。彼は今頃どうしているのかなぁ。
2008-09-07 Sun 23:14 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター