2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
もう曇りですか
2022-04-20 Wed 00:00
2204191.jpeg昼間は晴れていたように記憶しているが、あれはずっと昔のことだったのかも。
別窓 | 雨天曇天月夜日記 | コメント:5
<<菜種梅雨が終わらない | 霞ヶ浦天体観測隊 | 1日1条読めば100日くらいで憲法読破可能>>
この記事のコメント
天気予報より晴れるタイミングが遅れたのかもしれません。曇るほうは予報通りだったみたいで。
2022-04-20 Wed 10:04 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
晴れと曇りの移り変わりと天気予報のずれの問題とは別ですが、日本に四季があると言われたのはいつころまででしょう。近年の気候には、寒いか暑いかしかないように思われます。
2022-04-20 Wed 16:37 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>寒いか暑いかしかない
 10~15年くらい前からでしょうか。こちらが年取ってこらえ性がなくなったせいかもしれませんが。

 内陸性の気候が強くなって来たのかもしれません。水田や湿地帯が減ってきたという影響の可能性もあると思います。
2022-04-20 Wed 16:57 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
年取ってこらえ性がなくなったせいというのは私も思いました。そして、日本全土で失われた水田が保持できていた水量っていったいどのくらいになるのでしょうね。
2022-04-20 Wed 22:52 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>水田が保持できていた水量
気になりますよね。
  水稲の(主食用米)の作付面積は、

https://www.maff.go.jp/j/heya/sodan/1701/01.html

にある通り、年々減っているようです。別の統計では、1965年頃がピークで、約320万haとありました。主食用のほかに、酒用、お菓子用などありますので、正確なところはわかりませんが、最近は急激に減っていて、昭和の半分くらいまで減ったのではないでしょうか。

 その他に、大河川の近くが住宅地になったので、もともと堤防のへんにあった平地の林や竹藪も相当失われたものと思います。そのぶん、山林のほうでは木が伸び放題ですので、そちらで均衡を保っているかもしれません。
2022-04-21 Thu 08:59 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター