2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
夏日の足利 山城と街歩き
2022-04-14 Thu 00:00
足利学校で開催中の企画展を見に足利へ。
渡良瀬橋正面の丘にある織姫公園は桜の名所。この季節、麓の足利市役所駐車場は閉庁日は観光用に開放されている。そこに停めて北へ向かって遠足開始。

2204101.jpg北側の登山口には地元愛溢れるそして悲しい案内看板が立っている。それを読んで登山開始。

2204102.jpeg尾根道の展望台からの眺望は抜群。ただし、1年前の山火事の残骸が至るところに残っている。

2204103.jpeg頂上にある主郭から北側の大堀切を見下ろす。岩の多い山道を26℃の炎天下に歩くのは相当堪える。

2204104.jpg1年前に山火事に炙られた木々がもう花を咲かせている。さらに織姫公園まで南下して、そこから西側麓の長林寺へ下山する。

2204105.jpeg大祥山長林寺は足利長尾氏の菩提寺で、歴代の墓所。

2204106.jpg本日の足利城一巡り3時間のハイキングコース。

2204111.jpeg2日目は足利学校遺蹟図書館企画展『上杉憲実と足利学校』の見学から。展示点数は多くないがじっくり読んでいたら1時間半も滞在。足利学校内をささっと一巡り。

2204112.jpeg今回は鑁阿寺はスルー。その西側の雪輪町で昭和の残影を体感。現在は商工会議所になっている元足利銀行本店建物内の地下金庫を改装したまちかどミュージアムを見学。足利歴史民俗資料館といってもよい内容に驚いた。ここはお勧め。

2204113.jpeg写真は無いが、行きと帰りに渡瀬川を渡った際に見た堤防の菜の花が見事だった。帰り道の途中、花桃を見に古河総合公園に寄るもすでに終わりかけで、園地よりも駐車場出口付近がもっとも綺麗に咲いていた。

2204114.jpeg最後に寄ったのは、野木町の野木神社。頼朝軍と志田義広軍の野木宮合戦比定地の一つといわれる。

別窓 | 城郭・郷土史 | コメント:0
<<城郭だけでなく 刀剣・武将からも戦国時代を楽しむ | 霞ヶ浦天体観測隊 | 今季最後の八朔>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター