2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
止めたと言っても差し支えない似た様な状況だが
2021-12-04 Sat 00:00
『晏次郎のぐうたら日記』の晏次郎さんが最新の記事「断捨離・・・?」で、「星見の活動は全くのゼロで、止めたと言っても差し支えない状況」と書かれていた。こちらも似た様な状況だが、最低月一回の変光星観測と天文ネタ以外を多用し往生際悪く日刊の体裁を続けている。

晏次郎さんの本論は撮影機材の処分についてだったが、鳥見に集中されているようだ。自分が城歩きにエネルギーの大半を使っているのとこれまた似た様な状況かもしれない。ともかく、お元気そうでなによりだ。
別窓 | 星のサイト | コメント:0
<<何もネタがない | 霞ヶ浦天体観測隊 | 雨が落ちてくる空へカメラを向ける>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター