33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
1本より下は何本?
2021-09-06 Mon 00:00
2108301.jpg三味線はオープンチューニングなので自分の歌い易い高さに合わせれば良いのだが、練習曲の楽譜などは基本的には4本で書かれることが多い。本調子ならば低い方から、
 4本 C、F、C
である。演奏だけであればこれで良いのだが、歌を付けるとなると近頃は高い声を出すのが苦しくなった。無理して歌うと喉を痛めるので時節柄よろしくない。それで、最近は、3本とか1本で練習してきた。三線も同じように下げたのだが、糸のテンションが下がり過ぎると弾きにくいため3本相当のB、E、Bが限界だった。
 3本 B、E、B
 1本 A、D、A
1本に下げても、曲の途中でオクターブ下げまたオクターブ上げるといったかっこの良くない歌い方をせざるを得ない場合も多い。今年の課題曲はそんな歌い方で練習してきたのでなんだかやる気が上がってこなかった。

今日は、ダメ元でもう2本分下げてみた。
    G、C、G
これは高い方では11本という超高音の調弦になるが、1本よりも低い側では何本と呼べば良いのだろうか。マイナス2本だろうか?
呼び方はともかく、この調弦で歌ってみたところ、課題曲だけでなく、これまで苦しかった「磯節」「黒田節」「武田節」なども歌えるではないか!再び練習する気が出てきそうだ。
後日、件の調弦は「下の11本」と呼ばれることを教えてもらった。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
<<9月の変光星 | 霞ヶ浦天体観測隊 | スマホでくずし字読み取り>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター