2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
あちこちの話と繋がる満足感
2021-04-25 Sun 00:00
2104102.jpg『中世の北関東と京都』 江戸郁夫・簗瀬大輔編
              高志書院 2020年 6000円

本書に「永享三〜四年の都鄙間交渉からみた上杉憲実」が掲載されているのでとりあえず買って読んで、その後でその他の論考のタイトルを改めて眺めてみた。例えば、「常陸平氏の成立に関する試論」は現在土浦市立博物館で開催中の特別展『東城寺と「山ノ荘」』を見るときの参考にもなるジャストオンタイムな内容だったし、「織田信長と常陸国」は贈答に関する部分で地元と関わる記述があり、今後調べておきたいネタの種があった。そういうわけで、期待した数倍のおもしろさが詰まった一冊だったと言える。
別窓 | 城郭・郷土史 | コメント:1
<<積ん読かれている書籍リスト | 霞ヶ浦天体観測隊 | もやもやから踏み出すエイヤ!のヒント>>
この記事のコメント
京都の管領家は応仁の乱以来は実質的な意味はなかったと思いますが、関東では、謙信の時代に至るまで実戦も行い、これを引き継いだように見えます。この見方で正しいのでしょうか。これは、何か東西の武家文化の違いか何かなんでしょうか。
2021-04-25 Sun 08:59 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター