2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
検査数を減らしたので陽性者数が減ったのか?
2021-02-07 Sun 00:00
2102061.jpg東洋経済オンライン:新型コロナウイルス国内感染の状況のページのグラフを眺めながら、陽性者数が減ってきているのを好ましく感じる一方で、PCR検査件数も減っていることに気づき、陽性者減少の解釈に疑問が残った。「PCR検査件数は一定あるいは増加しているのにもかかわらず陽性者数が減少」というデータが出る日はいつになるのだろうか。
別窓 | コロナ事件 | コメント:4
<<今夜はかなり暖かい | 霞ヶ浦天体観測隊 | 永久機関ではないが本当に虚構機関なのか?>>
この記事のコメント
検査をしてから結果が出るまでの時間にもバラツキがあるでしょうから、毎日、パッと割り算するのは難しいのでしょうけれども、陽性判明/(陽性判明+陰性判明)のグラフなら、東京都が発表しています。

https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/cards/positive-rate/

東京では、ピークの半分未満にはなっています。

https://ibaraki.stopcovid19.jp/cards/positive-rate/

いっぽう、茨城県はあまり減っていませんか。

でも、検査人数がなぜここのところ減っているのはなぜなんでしょうね。減るのは別の理由だと思います。病院や保健所が忙しくなって、なかなか検査してもらえないとかお金がらみとか・・・
2021-02-07 Sun 08:34 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
どんな集団に対して検査しているのか?というとても大切な情報すら分かりにくくされています。マスコミが出す情報はバイアスまみれなのでそのまま参考にしていてもいつまでも不安が払拭されません。行政から分かりやすい形での情報発信が必要だと思います。
2021-02-07 Sun 11:20 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>どんな集団に対して検査しているのか?というとても大切な情報すら分かりにくくされています。

厚労省のページに

https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kokunainohasseijoukyou.html

 発表されている内容は極めて限られています。陽性率は、モニタリング会議の会見資料を通じて出てくる程度ではないでしょうか。専門家会議の結論を納得して聞くためには、普段から客観的なデータの発信を続けていないと、その時々に都合のよいデータをつまみ食いしているのではないかという疑念がでます。

 さらに、必要な人に即座に検査されているか、自己負担検査の推移ということはわからないし、以前は、日本は外国より低いと言っていた「(新規の)重症者の発生比率」は、最近は聞かなくなりました。 何か重要なことが発表されていないように感じます。
2021-02-07 Sun 18:00 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
自分に身近な地元自治体での発生状況がどうなっているのかも簡単な情報のみです。例えば、陽性になったら、感染したら、発症したら、自分はどういう流れの中に置かれるのか、みたいな切実な疑問に答えてくれる情報すらあるようでないですね。新型コロナに感染することへの不安よりも、信頼できる情報がないことへの不安の方が深刻に感じます。
2021-02-07 Sun 21:10 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター