2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
最接近翌々日の木星と土星
2020-12-24 Thu 00:00
2012231.jpg今日はヘタレ目でも肉眼で分離して見えた。昨夕同様にラプトル50+F.8mmアイピースで75倍の視野にもまだ2星が収まっている。明日くらいまでは1視野で見えそうだ。もちろん低倍率のK.20mmで30倍にすればもっと長く楽しめるだろうけど、土星の輪や木星の縞模様は当然見えにくくなる。
別窓 | 観測日記 | コメント:6
<<昨年のオオヒシクイ最大越冬数189羽に手が届く勢い | 霞ヶ浦天体観測隊 | 最接近翌日の木星と土星>>
この記事のコメント
私には、遠視が功を奏して、最接近の21日でも分離出来ました。

 分解の難易度としては、ミザール・アルコルと同程度と思います。あちらが出来る人はこちらも出来る、出来ない人は出来ないくらいのです。

もっとも、アルコルは4等星が見える空でないとダメですが。
2020-12-24 Thu 08:43 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
自分は乱視があるので木星の周囲に光のアーチファクトができてそれが重なって分離できないのだと思います。
2020-12-24 Thu 10:39 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
私も少し乱視がありますが、常に左右に並んで2重に見えるだけなので、上下の星の並びなら分離できます。星が左右の並びなら、首をかしげて見ればよい?

乱視の像の数とか方位は人それぞれのようですね。

2020-12-24 Thu 11:22 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
申し上げておりました、21日の拡大撮影の写真をお目に掛けます。下の「URL」をご覧下さい。

 なお、これは私たちの同行会誌の新号(今日発行)の表紙です。

 ここでお願いがあります。私は、Safari系のブラウザが今利用できないのですが(職場にはあるのですがもう休みなので)、本号の内容をご覧いたただいた時に htmlのテキストの崩れや、フォント、画像の欠落が起こっていたら、ご連絡くださいませんでしょうか。よろしくお願いします。
2020-12-27 Sun 08:49 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
表紙を一足早く見せていただき、ありがとうございます。そして、レイアウトの崩れはない様です。
2020-12-27 Sun 19:07 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
ありがとうございます。

 今後ともごひいきにお願いします。
2020-12-27 Sun 19:13 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター