2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
雲ひとつない稲波の空の下
2020-12-08 Tue 00:00
2012071.jpg天気が良かったので自転車で稲波干拓地のオオヒシクイ観察小屋へ行って来た。朝のうちに全羽飛去したそうだ。まぁ、ここへはおしゃべりをしに行っている様なものなので、オオヒシクイは次回で構わんけど。
別窓 | 観測所の周辺 | コメント:0
<<偽書は、こうあって欲しいと望むその時代の精神世界の反映なのか | 霞ヶ浦天体観測隊 | ちょっと目を離している間に>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター