2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
ちょっと目を離している間に
2020-12-07 Mon 00:00
前回稲波干拓地のオオヒシクイのことを書いたのは11月28日の滞留3羽の時。その後1週間ほど目を離している間に、歴代2位の越冬数で増えていた。もう暖かくならないことを野生の勘でわかっているんだろう。明日は天気が良さそうなので今年初めてのご挨拶に行って来ようかな。
 →『今日のオオヒシクイ』ブログ
 6日   6羽 越冬数6羽
 7日   0羽
 8日   0羽
 9日   6羽
10日   0羽
11日   0羽
12日   5羽 越冬数11羽
13日   5羽
14日   5羽 越冬数5羽
15日   0羽 越冬数11羽
16日   0羽
17日   0羽
18日   0羽
19日   0羽
20日   0羽
21日   0羽
22日   0羽 6羽戻るもセスナと遭遇し飛去
23日   0羽 越冬数0羽 
24日   0羽
25日   0羽
26日   0羽
27日   0羽
28日   3羽
29日   3羽
30日   3羽
 1日  69羽
 2日  69羽
 3日  69羽
 4日   ?羽
 5日 131羽
 6日 152羽 過去第2位の越冬数。
別窓 | 観測所の周辺 | コメント:8
<<雲ひとつない稲波の空の下 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 別れと旅立ちの挨拶>>
この記事のコメント
寒くなると急に増えますね。
つくば市の空を飛んでいるかな。
2020-12-07 Mon 09:47 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
100羽を越える群がどこへ行ってるんですかね。鹿島灘に浮かんでいる可能性もありますが、どこかにまとまって降りていれば目立つと思うのですが。
2020-12-08 Tue 17:28 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
なるほど、霞ヶ浦、稲敷が必ずしも最終目的地ではないのですね。
2020-12-09 Wed 08:40 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
太平洋側の越冬地の南限が江戸崎のようなので最終目的地だろうとは思います。圏央道の工事によって江戸崎の南側の曳舟橋近くの田んぼを追われ江戸崎の北側の稲波干拓地へ移ってきた経緯があるので近傍での移動はありそうです。河岸を変えるにしてもとんでもなく離れているわけではないですね。ただ、ここ数年の落ち着きのなさは、夜中でもポンプが唸っている蓮田が周辺に増えていることが関係しているのかもしれないと危惧しています。
2020-12-09 Wed 09:29 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
霞ヶ浦周辺の蓮田の迫力は半端でないので、渡り鳥の猛者もビビるかもしれませんね。
2020-12-11 Fri 07:50 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
あの広大な稲波干拓地も近年周辺から蓮田化が始まっています。静かだったネグラに一晩中ポンプの音が聞こえ始めては落ち着けないのでしょうね。オオヒシクイは野生性が強そうなので、なかなか慣れてはくれないでしょう。
2020-12-11 Fri 08:24 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>ポンプの音

 夜中も動いているのですか。近所から苦情は来ないのでしょうね。蓮田は広いから。

 田んぼ用の雀よけにカーバイド爆音器というのがかつてあって(今もあるかもですが)、以前は、畦道でバカン、バカンとなっていました。これは、夜はうるさいので夕方止めに行ったものです。でも、農家の人は朝が早いので、早朝に起こされ往生しました。
2020-12-11 Fri 12:46 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
稲波干拓地空中写真を眺めていただければ広さがわかると思います。北東側と南側から蓮田が増えてきているように感じます。
2020-12-11 Fri 16:27 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター