2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
ベテルギウス 減光と変光周期の早まり
2020-08-30 Sun 00:00
2008222.gif・AstroArts:ベテルギウスの減光は大量の物質放出が原因
 炭素の塵によると言われるかんむり座Rの減光メカニズムとは違うのか?5月頃に始まった現在の減光は、予想周期よりも早く始まっているが、いよいよベテルギウスのチェーンストークスの始まりなのだろうか。
別窓 | 話題いろいろ | コメント:6
<<楽しい本を読みたい | 霞ヶ浦天体観測隊 | ただ火星を見つけるだけでは飽き足らない人>>
この記事のコメント
ベテルギウス昨日早朝見ました。
暗夜でもそこそこ高くなり、アルデバランとの光度比較も可能になっています。

 私の見るところは、0.9等。何とか0等台死守。
2020-08-30 Sun 07:10 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
https://bit.ly/3hMf159
VSOLJのデータでは1等台の観測値も入ってきています。定常周期の半分くらいのところで深い減光の谷になるかもしれません。
2020-09-01 Tue 08:06 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
ひょっとして、ベテルギウスのR CrB化 というのもあるのでしょうか。
2020-09-02 Wed 11:19 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
R CrBは炭素の煤が覆う減光が急速で、晴れて増光するのがゆっくりのパターンですが、ベテルギウスの増光は減光の逆回しの様に急速でR CrB的なカーブ(https://bit.ly/3jBeGml)ではないですよね。変光星って中で何が起こっているのかイメージできません。
2020-09-02 Wed 11:38 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
R CrBは、炭素の黒雲が中からドカーンと飛んで出て、いずれは外部で雲散霧消するのではないでしょうか。

ベテルギウスは、黒雲が表面近くににじんできて、また内部に引っ込むのではないでしょうか。

 ところが黒雲の一部の引っ込みが悪くなったら、ベテルギウスの R CrB化とイメージするわけです。

2020-09-03 Thu 19:32 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
近頃のR CrBは挙動不審ではありますが。
https://bit.ly/3bpnHMy
2020-09-03 Thu 21:46 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター