2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
まずはカモフラージュの宇宙デブリ監視から
2020-05-15 Fri 00:00
・空自の宇宙作戦隊、18日に発足 「宇宙ごみ」監視、23年度にも開始
 まずは、デブリ監視でカモフラージュしながらの登場。でも、いきなり戦う気満々の名称。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:3
<<若々しい美しさ | 霞ヶ浦天体観測隊 | PCR検査の意味を考えるための参考資料>>
この記事のコメント
「作戦隊」というからには、ゴミ回収もするのでしょうか。

監視と斥候だけで「作戦隊」は誇大だと思います。
2020-05-15 Fri 08:04 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>監視と斥候だけで「作戦隊」は誇大だと思います。
 目的は先にあると主張していますね。
2020-05-15 Fri 08:25 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>目的は先にあると主張

 何にしても、目的をボカしているのはよくないですね。

 宇宙の利用目的を制限する「宇宙条約」に反する疑いを抱かれるでしょう。
2020-05-15 Fri 09:11 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター