33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
ワンセグなし携帯・スマホへの乗り換え その2
2020-04-05 Sun 00:00
ワンセグ携帯を根拠にしたNHK受信契約を解約するために、ワンセグなし携帯に機種変更するはめになった話の続き。

ワンセグなし携帯へ機種変更してすぐにNHKへ解約手続きをしたヨメさんに、ワンセグ付きの古い携帯の破棄証明はどうするのか聞いたところ、ワンセグのない携帯に買い換えたことを電話で伝えるだけで解約手続き完了なのだと言う。新しい機種についても、可能ならば教えて欲しいと言われた程度。それは断って、もし知りたかったら携帯会社に直接聞いてと言ったら、こちらからそれを知ることはできませんとの返事。ここでわかったことは、ワンセグ受信可能機材を所持していることではなくて、通信機能を持ったつまりSIM入りのワンセグ携帯を所持していることが受信料請求の根拠ということだったのだ。その上、買い替え機種も把握しないのならば、そもそも買い替える必要すらなかったのではないか。さらに、契約員がワンセグなし機種はほとんどないと言ったのは、機種変更を諦めさせてその場で契約をさせるために正常な判断をさせないためのバイアスをかける不当な情報操作だったことになる。契約員は携帯電話会社でないので知識がなかったのだと言い訳したみたいだが、それはおかしい。知らないと言ったならばともかく、無いですねとウソ情報を流すには増えていると現状を知っているということだろう。もう、コロナ退避時期をねらっての戸別攻撃も姑息ならば、契約員の悪質さもかなりのものだ。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:3
<<ホチキスで修繕しながらマスクを使い倒す日々 | 霞ヶ浦天体観測隊 | ワンセグなし携帯・スマホへの乗り換え その1>>
この記事のコメント
今でも、テレビが見られない設備なら受信料を払う必要はないことになっているので、何らかの方法でテレビが見られない設定にしておけば、受信料を払う必要はないのだと思います。

 例えば、携帯電話でも、インターネット付きテレビ・ビデオプレーヤーでも、受信機能をずっとオフにしておき、オフにした旨の記録を自分で書いて保管しておればいいのではないでしょうか。それでも、NHK側が受信料を取りたければ、NHK側に使用者が嘘を言っている(受信している)ことを証明する責任があるのではないかと思います。

 ここで、受信機能がそもそも装置にあるからといってそれをオフにしていても受信可能であるとするのは、無理があると思います。オフにされていると誰かが意図的にオンにしない限り受信できないわけですから。

 また、スマホのワンセグアプリの場合は、最初に何らかの使用許諾が必要だと思います。ここで許諾を申請しなければ、そのスマホはワンセグを使用しないスマホになるのではないでしょうか。

 以上は、法律の素人である私が考えたことですが、法律というものはそういうものではないかと思います。実際にどう行われているかは知りませんが、法律の原則ではこうでないかと思います。
2020-04-05 Sun 07:00 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>スマホのワンセグアプリの場合は、最初に何らかの使用許諾が必要だと思います。ここで許諾を申請しなければ、そのスマホはワンセグを使用しないスマホになるのではないでしょうか。
 他の機種は知りませんが、ヨメさんの旧機はガラホと言うやつで、二つ折り携帯の形ですが内部的にはスマホと同じで、様々な機能を確認するためにボタンを押している内に勝手にワンセグに繋がったことがあると言っていました。

>例えば、携帯電話でも、インターネット付きテレビ・ビデオプレーヤーでも、受信機能をずっとオフにしておき、オフにした旨の記録を自分で書いて保管しておればいいのではないでしょうか。それでも、NHK側が受信料を取りたければ、NHK側に使用者が嘘を言っている(受信している)ことを証明する責任があるのではないかと思います。
 そう言う論理的な手続きはすっ飛ばされています。けったくそ悪いので試してはいないみたいですが、ワンセグなしの新機は一般的な携帯電話として使って、SIMなし旧機はワンセグ専用に使うこともできるらしいです。それなのに、旧機についてはなんの証明書もいらないとNHKが言うのですからとても面白いことです。ワンセグ受信可能な機材を所持している場合に受信料契約が必要だと言うNHKの言い分はいきなり破綻しています。正しくは、ワンセグ機能持った携帯またはスマホにSIMが入っている場合に受信料契約が必要だと言うことのようです。SIMを抜いた古い携帯をお持ちならば堂々とワンセグを見られることをご存知の方少ないのではないでしょうか?
 ただ、一つ懸念があります。私の理解の外ですが、ワンセグを受信していることをNHKが逆探知できるのであれば、オフにしています証明書など求めないわけで、逆探知してから、「お宅、お使いですよね」と契約員をけしかければいいわけですからね。
2020-04-05 Sun 14:51 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>内部的にはスマホと同じで、様々な機能を確認するためにボタンを押している内に勝手にワンセグに繋がったことがある
  そういう感じになると一応ライセンス契約したことになりますよね。

>SIMを抜いた古い携帯をお持ちならば堂々とワンセグを見られることをご存知の方少ないのではないでしょうか?

 これは、古い機種は、SIM情報がなくてもデジタル放送が見られる。新しい機種は、B-CASの情報がSIMに書かれていて見られないということなのでしょうか。

 ここで、考えついたのですが、現在は、すべて「デジタル放送」ですから、テレビはソフトライセンス契約がなければ視聴できないわけですから、携帯電話なりビデオプレーヤーなりのユーザーが、メーカーに、テレビ放送受信機能のライセンスを辞退する旨を文書で伝えるというのはどうでしょうか。その後、実際にテレビを見なければ、ライセンスの辞退の扱いがどうなったかは、ユーザーとメーカーの1対1契約の話になり、以後、放送を受信しなければ、NHKにはわからないし、何の介入もできない、ユーザーはライセンス辞退の文書の写しをNHKに示せばよいのではないでしょうか。
2020-04-05 Sun 15:32 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター