2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
安倍政権によって分断された国民の再統合のイメージ
2020-03-15 Sun 00:00
・内田樹:「打って一丸」の危うさ
 「みんな自分の仕事に忙し過ぎて、隣の人がやっていることに口を出す暇がない。それが僕の考えるとりあえず現実的な国民再統合のイメージ」というのは、他人の足を引っ張ってる暇、構っている暇のない社会、そのおかげで余裕のある時代って感じか。それはまだ見ぬ世界ではなくて、つい数十年前までみんながやっていたことではないか。あの頃へ戻れば、今よりも遥かに居心地の良い社会になるとは思う。だけど、あの時代を壊して今がある以上、あの様な社会を作る足場はもはや失われているのだと思う。

・再稼働反対区長に「改善」文書 笠間市、署名活動圧力か 東海第二
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0
<<一人が二人以上へ感染させなくなる日 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 復活ベテルギウスを観望>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター