2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
4万個の衛星をものともしないのはニュートリノと重力波だけか
2020-02-03 Mon 00:00
・鹿角平天文台通信:スターリンク衛星
・スペースX、「スターリンク」衛星60機を打ち上げ - 光害対策も実施
 光害対策を実施しているとは言っているが、今後スペースX社以外も参入してくるようになって、光や電波や粒子線を観測する天文学はやりにくくなることだろう。最後はニュートリノあるいは重力波観測だけが生き残るのかな。
別窓 | 話題いろいろ | コメント:4
<<土浦の節分 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 2月初日はまだ1.5等>>
この記事のコメント
>最後はニュートリノあるいは重力波観測だけが生き残る

 その頃には、もう人工のニュートリノや重力波で、通信するようになっているかも。
2020-02-07 Fri 19:47 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
困難を克服するところに未来が開けるかな。

また、人工衛星の網がかぶさっているのが夜空なんだという世代ばかりになれば、誰も文句を言わないでしょうし。
2020-02-08 Sat 00:57 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>人工衛星の網

 これは息が詰まりそうでいやですね。

 でも、我々の住んでいるところは、すでに成田空港と関東の自衛隊・米軍の基地の網の下にすでにあるようなものですけど。
2020-02-08 Sat 08:53 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
子どもの頃は、飛行機が写り込んだ天体写真は失敗作扱いだったと思います。いま、そんなこと言ってられません。将来、人工衛星の網は普通の天球模様になりそうです。
2020-02-10 Mon 19:52 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター