2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
穏やかに死ぬための準備
2019-12-21 Sat 00:00
・NEWSつくば:《地域包括ケア》47 家族の看取り 冷静に対処して
 ご本人が自宅で死ぬことを望んでいても、しっかり準備をしておかないと、直前のどんでん返しでご本人にとってももっとも身近なご家族にとっても不本意な最期になってしまうという話を聞くことがある。我が家でもいくつかの準備はしておいた。職場の知人も親御さんのことで準備をしているらしいが、生活の場が離れているのでどうしても他人からの雑音が混じって来るので気が気でないと言っていた。

・ポスター炎上の「人生会議」 そもそも何を話し合うの?
 いろいろな段階で話をしておくことが大切なのではないだろうか。段階ごとに話す内容は違ってくるはず。話をする中で準備の必要性がわかってくる。
別窓 | 雑感 | コメント:0
<<HIIIロケットのフェアリング分離試験 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 実質1150億円の予算オーバー>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター