2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
「核」大事典 国書刊行会が刊行
2018-12-08 Sat 00:00
1812061.jpg『日本人のための「核」大事典』 日本安全保障戦略研究所編著
            国書刊行会 4536円(税込) 2018年

 →国書刊行会:『日本人のための「核」大事典』

大事典から見えてくる庶民が持つべき「核」の姿、持つべき知識はなにか。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0
<<大丈夫か、座ってする派の君たち? | 霞ヶ浦天体観測隊 | 金儲けのための売国はもうここまで来てしまっている>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター