33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
痒いところに手が届かない、、、
2018-10-26 Fri 00:00
1810251.jpg・Hubble moves closer to normal science operations
 姿勢制御が不調だったハッブル宇宙望遠鏡がまもなく正常観測へ戻れそうだとのこと。はやぶさ初号機での冗長回路をソフトウェア的に繋ぎ替えて全滅したイオンエンジンを復活させたことなど、ウルトラ技で復帰できた事例はいくつかあるにせよ、やはり宇宙へ打ち上げてしまったものは、いざとなってもそこまで行けないものばかり。火星の大砂塵に巻き込まれたオポチュニティ、ソーラーパネルの砂を払ってあげられたならばなぁ、、、。[写真はNASA提供]
別窓 | 話題いろいろ | コメント:0
<<熱風蘇らす俚謡 力不足 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 高さ108mの「人工の滝」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター