2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
視直径が15秒を越える5月30日まではまだ準備期間
2018-05-07 Mon 00:00
mars1805061.png2018年05月06日 02時23分。65P。x139。視直径約11.7秒。昨日よりも見えない。近くにいる月も霞み、土星の輪も見えないほど。火星は橙色がわかるだけ。5月30日以降、視直径が15秒を越えてからが本格的なシーズンだろう。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
<<ポーランド旅行のエピソード「僕のポーランド手帖」が30年の時間を引き戻す | 霞ヶ浦天体観測隊 | 火星今期初観測>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター