2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
TOASTの準備ほぼ完了 『新しい太陽系 宇宙の姿』終講
2008-03-26 Wed 00:54
0803253.jpg TOASTを微動雲台に固定するためにクイックシューを使う事にした。クイックシューはこれまでも10cm双眼鏡をHF経緯台に固定するのに使っていて、その手軽さが気に入っている。今回は小型のSLIK DQ-10を使うことにした[追記:SLIK DQ-10はコルク面の摩擦が弱く不都合なので現在はベルボンのQRA-3へ変更]。ちょうどTOASTの傾斜ウェッジの底面微動雲台の大きさにぴったり合っている。これで準備はほぼ完了だ。
 これまでにも何度か紹介したが、NHKカルチャーアワー『新しい太陽系 宇宙の姿』(講師:渡部潤一)がとうとう終了した。「五十の手習い」にも書いたように、この番組を通じてうちのヨメさんはすっかり渡部潤一氏のファンになってしまったようだ。
別窓 | 機材 | コメント:0 | トラックバック:0
<<「雨予報」と「晴れ予報」の狭間で | 霞ヶ浦天体観測隊 | TOASTの格納>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター