2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
天宮1号落下1日前
2018-03-31 Sat 04:22
1803311.jpg東の低空にわずかでも見られるかもしれないと思ったが、どうも雲があるようで期待薄。おまけにカメラの方向を間違えていた。

[追記]みゃおさんのコメントを参考に再度見直したら、画面の左1/4には入っていたことが分かった。ただ、暗かったために飛跡は写っていなかった。
別窓 | 観測日記 | コメント:12
<<4月の星空予習 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 天宮1号落下の写真ではありません>>
この記事のコメント
私も、4時過ぎに写真を撮ってみましたが、写っていませんでした。時刻がずれているのか? それとも日当たりが悪くて暗いのか・・・

 かすてんさんのお写真は、どちらの方角でしょうか。Heavens Aboveの予報によると超低空より少し高高度のほうが(10度より高いところ)明るいようですよ。低くなるほど逆光になります。
2018-03-31 Sat 05:11 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
おはようございます。今朝は暗い予報だったので見送りました。寝坊したとも言う…。

かすてんさんの画像は、左寄りの一番明るいのがペガススの鼻先(εPeg)、右寄りに縦に2つ並んでるのがαCapとβCapですね。いるか座が上辺やや左寄りに見切れてます。茨城ではεPegの下あたりから左下に向かっていたはずです。地球の影から脱してすぐに明るいパターンですね。
2018-03-31 Sat 05:56 | URL | みゃお #chDfx1pU[ 内容変更]
>どちらの方角でしょうか。
 真東から若干北寄りにしないとならなかったのですが、若干南寄りに向けてしまいました。

>左寄りの一番明るいのがペガススの鼻先(εPeg)
 この写真から方向の間違いがバレてしまうのは覚悟して、自戒を込めて載せておきました。

4月1日へどんどん収束してきていましたが、いまみゃおさんの図を見たら、ここに来て1日後半または2日の可能性も出てきた様な感じですね。
 →https://goo.gl/6H6MLX
2018-03-31 Sat 07:34 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
ε Pegの少し下を拡大した画角で探してみましたが、写っていませんでした。3等なら動いていても写りそうなものですが、双眼鏡で確認できなかったので、もっと暗かったのかもしれません。4月1日は明るくなった時刻なので撮影には不適ですが、2日もいけそうですね。
2018-03-31 Sat 08:34 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
いや、軌道は予報から大幅に変化してないので、かすてんさんの画像の範囲でカバーしてますよ。端っこに寄っただけです。写らなかったのは方向違いじゃなく、かなり暗かったからだと思います。高度が下がって対地速度が速まってるので、予報光度よりかなり暗く写るし、低空のモヤの影響もバカになりません。

あと、jpeg撮影では暗い天体がブロックノイズに埋もれがちなので、できるだけraw撮影デジタル現像で探してみてください。

ESAなどの落下予報は世界時表記なので、日本時間だと半日近く遅い感じですね。明日1日明け方から2日朝までのどこかになるでしょう。明け方とは限りません。大気圏突入で発光してるなら夜中のパスで見える可能性もあります。例えば2日2:50頃の火星土星近くのパス(地球影内)とか。
2018-03-31 Sat 08:54 | URL | みゃお #chDfx1pU[ 内容変更]
>かすてんさんの画像の範囲でカバーしてますよ。端っこに寄っただけです。
 ほんとだ、まったくの方向違いではなかったようです。εPegの左下あたりから現れる予報だったので、十分に明るければ写った可能性はありますね。
 その部分を原板(RAWではない)でもう一度見ましたがやはり写っていませんでした。
2018-03-31 Sat 09:21 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
すみません。また質問です。光度予想は、白色球体などの形状モデルによっているのでしょうか。それとも観測の実績によっているのでしょうか。
2018-03-31 Sat 10:02 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
S.Uさん>
自分は専門家でないし計算したこともないので詳しくありませんから、長年データを扱ってきた経験で書きますね。

基本は彗星などの等級でお馴染みの距離によるlogの式と、月惑星の等級でお馴染みの位相の式の組み合わせと思われます。難しいのは大きさ(形状)、アルベド、姿勢をどうモデル化するかという点ですね。最もシンプルなのはS.Uさんが書かれたように単純化する方法で、特に金属球体モデルと見なせば計算も簡単です。他に、円筒型(昔の気象衛星や破棄されたロケットデブリなど)とか、箱型(最近の地球観測衛星など)とか、プリミティブな形状にしたり、オマケで太陽電池パドルも付けてみたり、計算機に余裕があるなら複雑にする場合もあるようです。さすがにCG映画を作れそうなほど高度にモデリングして光度計算する例は見たことがありません。ISSならやってそうな気もしますが…。

我々がよく閲覧するHeavens-AboveとCalSKYとで同じ衛星パスを比べると、場合によって光度予報がかなり違うことがあります。特にイリジウム衛星などで顕著です。測心距離や太陽-衛星-観測者の位相はほぼ一緒のはずですから、多分形状モデル単純化の度合いが違うのでしょう。イリジウムフレアが予測できていると言うことは、衛星位置だけでなくアンテナの向きまで計算して太陽光反射量を求めているわけですね。これは球体じゃできません。全部反射するわけでもないので、おそらく幾つかの衛星を実測して反射率など補正係数を決めているのだと思います。反射するのは太陽光だけとは限らず、例えば満月が出ているとその反射まで計算に入れる場合もあるそうです。

あとは予測サイトのエンジニアの腕次第ですかねぇ。凝り性かどうかで結果が変わっちゃう(笑)
2018-03-31 Sat 13:06 | URL | みゃお #chDfx1pU[ 内容変更]
みゃおさん、詳しいご解説ありがとうございます。
 何らかの形状のモデル計算ということですね。

 私の考えでは、結局は信頼できる予報というのは、モデル(パラメトリゼーション)は、シンプルなグレー球体モデル(アルベド・散乱角分布だけ)でよいけど、これまでの同等条件の観測の平均値に合わせてあるものということではないかと思います。モデルはいまや計算でいくらでも凝ることが出来ますが、凝ったモデルでは誤差の予想が出来ませんし、ちょっと姿勢が狂うと大はずれもありえます。

 でも、そのレベルになるには、膨大な量の光度観測報告が必要で、人工衛星の観測でそこまでのデータ収集網は通常ないのかもしれません。天宮は有名どころなので観測はじゅうぶんあるのかもしれないと思う反面、もはや姿勢制御も不能だから、どんなスピンをしていてもいわからない、とも思います。

 明日は、低空でも方角は見えるところなのですが、空が明るいので高感度で10秒露出とかは出来ないように思います。眼視で見て、見えれば、望遠の動画で狙って見る程度でしょうか。
2018-03-31 Sat 15:54 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>どんなスピンをしていてもいわからない、とも思います。
 こんなスピンみたいですね。
https://goo.gl/6yJmNK

最初の方のコメントを見てヨメさんがけっこう驚いていました。みゃおさんでも寝過ごすことがあるのか!と。
2018-03-31 Sat 17:38 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
太陽電池パドルを装備してる衛星では、パドル面積や向きは光度計算に重要と思われ、一般には太陽に向けていると仮定して計算すると思います。でも、例えば流星群のとき流星塵フラックスとの衝突を避けるためパドルの向きを変更したり、去年のように太陽でXクラス級の強いフレアが起こったらクルーを守るために姿勢を変えてしまうので、そういった臨時制御時の光度予測はどうなんだろうなぁと思ったりもします。

でも人工衛星の光度を少数以下まで気にする需要なんて、関係者以外は皆無ですよね。結構大雑把にやってると思いますよ。全光度と言うより、むしろ周波数毎の強度を測った方がよほど重要で、衛星が熱を帯びているとか燃料漏れしてるとか、光学観測と同時にスペクトル監視したほうが役に立つはと思います。

★・・・

明日の計算をしたところ、秒のオーダーですが若干早まってました。29日5時直前の観察では低感度F4で2秒露出のインターバル撮影、画面はかなりまっ白というかなりキツい観測でしたね。それでも一応写りましたよ。1日朝は北側なので、南向きだった29日より背景は暗いかも知れません。あと、今夜は透明度も良さそうですから、見てみる価値はありそうです。

かすてんさんの奥さまへ >
(みつをさん風に)人間だもの、そりゃ寝坊もしますよー-_-;; いちおう病人やってますから(笑)。今は夜の薬が眠くなるタイプなので、起き出すのも一苦労です。
2018-03-31 Sat 19:36 | URL | みゃお #chDfx1pU[ 内容変更]
かすてんさん、
 自転速度はどんなものかわかりませんが、多少は明るさが振動し、その位相までの予報はできないでしょうね。

みゃおさん、
 光度は別にして、位置と時刻の予報はけっこう正確なのですね。明朝は、真北高度17度通過 04h58m50s待ち伏せ決め打ちでねらってみたいと思います。
2018-03-31 Sat 20:43 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター