2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
奪われた力に気づくことができるか
2018-03-26 Mon 00:00
・内田樹:受験生のみなさんへ
 「「こうすればうまくゆく」というシンプルな解は存在しないということです。初めて経験する状況ですから成功事例というものがない。生き延びる方途はみなさんが自力で見つけるか創り出すなりするしかない。書物やメディアで必要な情報を集め、事情に通じていそうな人に相談し、アドバイスに耳を傾け、分析し、解釈して、生きる道を決定するしかありません。」これまで何十年もかけて教育行政が子供たちから奪ってきた能力こそ、それを駆使してこれからの時代を生き伸びるために必要な能力だというのだから、子供達に対して二重に申し訳ないことだ。まずは奪われた力に気づくことができるか否かが人生の岐路かもしれない。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:2
<<春は来なくなった | 霞ヶ浦天体観測隊 | オススメ番組 「100分deメディア論」>>
この記事のコメント
 これからの学生さんには、自分で自然や社会の様態を論理的に捕らえ、自分の論理にもとづいた意見を持っていただきたいと思います。少なくとも、マスコミやネットから結論だけを参照することはないようにしていただきたいです。

 グローバル化するかしないかは、ひとえに学生さんの選択です。自分がどういう人になりたいかを最優先に勉強をしていただければよいと思います。それが結局いちばん社会のためになります。
2018-03-26 Mon 07:47 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>自分がどういう人になりたいかを最優先に勉強をしていただければよいと思います。それが結局いちばん社会のためになります。
 そうですね、社会が安定していた時代ならば、他人を蹴落とす事で自分に利益が巡ってきたかもしれませんが、これからの世の中では、そんな事に無駄なエネルギーを消耗するくらいならば、自分がやりたいことで自分を磨いて進んでしまった方が断然自分のため、社会のためになるでしょうね。
2018-03-26 Mon 13:52 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター