2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
すべて北帰か? 稲敷市稲波干拓地のオオヒシクイ
2017-03-05 Sun 00:00
1703045.jpgこの冬131羽が稲敷市稲波干拓地で越冬したオオヒシクイだが、暖かな南風が吹くようになり2月27日までに99羽が北帰した様だった。昨日3月3日時点で32羽が残っていたが、「追い風を受け、群れは信太古渡上空を越え北東から北の方角に向きを変え、高い高度で飛び続け」という今朝の飛去の様子を読むと、全羽北帰のルートに乗った様に感じられる。ただ、稲波は過ごしやすい様で、昨年は集団が北帰した後も3週間近く2羽が居残るといった現象も見られたので、稲敷雁の郷友の会ボランティアの皆さんは明日以降もしばらく注意深く観察は続けられるのだろう。[写真は地元の方が制作した鉄鋼細工のオオヒシクイ]
 →稲敷干拓のオオヒシクイ
別窓 | 観測所の周辺 | コメント:0
<<惜しまれる「常陽新聞」休刊 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 初夏の様な雲>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター