2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
「唐船ドーイ」を弾きたい
2017-02-23 Thu 00:00
1702221.jpg先日、母が息を引き取る8時間ほど前、持って行ってたカンカラ三線で「安里屋ゆんた」を枕元で弾いてみたところ、1週間意識もはっきりせず目も開いてくれなかったのに、なんと薄目ながらはっきりと目を開けて首を振りながらしばらくこちらを見てくれていた。聴覚は最後まで残るとは聞いていたがこれには驚いた。

というわけで、三味線とか三線が弾けてよかったと思ったのだが、もう少しレパートリーを増やしたくもなった。「安里屋ゆんた」「十九の春」「島唄」「海の声」に、ちょっと難しそうだが、カチャーシーの定番伴奏といわれる「唐船ドーイ」を加えようと思う。無謀?
 →唐船ドーイ(YouTube)
   さりげなくかっこいいウタシャー。
   ダウンロードして1番のみ4日で300回以上再生したので歌は大体覚えられた。
 →いーどぅし / 唐船ドーイ(YouTube)
   いーどぅし、かわいいなぁ。
 →唐船ドーイ(4日目)
   2月19日に自分用の楽譜を作って練習開始。今日は1/3あたりまで(伴奏のみ)。
   ここから先は別の歌かと思うほど、一気に難しくなる。
 →唐船ドーイ(5日目)
   半分あたりまで(伴奏のみ)。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
<<春が近づき空は不安定 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 何時間働けば終わるか分からないのは辛い>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター