2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
R Sct 今年の初見
2008-02-06 Wed 00:38
080205.jpg ugemさんの記録を塗り替えようと大晦日元日に日没時のR Sct観測に挑戦したが敗退。百年早かったと降参したことを書いた。年明けには日没観測の季節が終了し明け方観測の季節へ移っていたがまだ見ていなかった。

 この前Smyさん日変研の会報No.254にR Sctについてのとても分かりやすい短報『2007年のRSctの観測と最近の動向』を寄せられていた。R Sctの属するRVTau型は深い極小と浅い極小が交互に繰り返すことが特徴で、深い極小間が周期と定義されるそうだ。ところが、最近R Sctは周期のずれが出ている上に、深い極小が現れなくなっているという。次にいつ深い極小が現れるのか、今後の観測が楽しみな対象だ。

早朝の観望:ということで、早起きして見てみた。5.1等。私の観測は2007年10月20日以来だ。その他の方の観測では12月23日のSmyさんの5.8等が最後だから、私が今年の一番乗りということか。
今夜の観望:仕事から戻ってまずはミラとU Mon。ミラは4.2等になり減光体勢へ入った感あり。
[写真は早朝に撮した木星・金星・月]
別窓 | 観測日記 | コメント:2 | トラックバック:0
<<ステナビへの第一歩 | 霞ヶ浦天体観測隊 | チビの星子>>
この記事のコメント
RVTau型は規則的のようで時々不規則になるのが魅力的です。観測のしがいがある星ですね。
2008-02-06 Wed 20:11 | URL | Smy #-[ 内容変更]
Smyさん、こんばんは。

 雪の少ない霞ヶ浦南岸ですが今日は朝から断続的に降っています。つくばはもっと降っていることでしょう。

>RVTau型は規則的のようで時々不規則になるのが魅力的です。

 この規則の乱れを含めて想定内というところでしょうか。ともかく深い極小がいつ始まるのかという点に興味が集中します。
2008-02-06 Wed 20:28 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター