2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
ポーランドから
2016-09-16 Fri 00:00
8707121.jpgポーランドの友人ズビグニェフ(写真右)の息子ヴィテック夫妻の来日が一月後に迫ってきた。最初の数日の東京滞在中に土浦へも足を伸ばしてくれそうだ。
ズビグニェフへ初めて手紙を送ったのが戒厳令から半年後の1982年6月。まだ彼は独り身だったが、私がポーランドへ行った1987年には二人の子持ちになっていた。写真のチビちゃんが次男のヴィテック。「On jest niezależnym człowiekiem.(=He is an independent man.)」だなとズビグニェフと納得し合ったものだ。このチビちゃんもいまや32歳くらいか。さて、どんな青年になっているのだろう。
別窓 | 雑感 | コメント:0
<<泥縄ポーランド語 一月後にはどこまで? | 霞ヶ浦天体観測隊 | 中秋イブの名月>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター