2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
観測小屋を有線LAN化(後編)
2015-11-18 Wed 00:00
1511161.jpgまずは隙間ケーブルを設置。隙間と言えるほどの余裕があるとは思え無いはめ殺しの網戸を通せるかが心配だったが何の問題もなくクリア。ここさえ通れば後は屋外対応のLANケーブルを観測小屋まで引くだけ。おしまい。
別窓 | Macで天文 | コメント:4
<<『天文年鑑』2016年版 今年も早バトンタッチの時期 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 魑魅魍魎 また一匹見っけ!>>
この記事のコメント
おぉ、蚊さえも入り込めない隙間にLANケーブルが。世の中進歩しましたね。
 無線中継器という手もありますが、これは親も無線でないといけないのでそうでないと手間です。
2015-11-18 Wed 08:24 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>蚊さえも入り込めない隙間にLANケーブルが。世の中進歩しましたね。
 もちろん、写真のピンを緩めると網戸を外せるので、隙間を作って隙間ケーブルを差し込んだのですけどね。

>無線中継器
 室内では何台ものMacやiPadやiPodtouchを使うので無線ですが、その無線を小屋でも受けていたので、距離が離れているのと壁に遮られているのとで、クウォリティがかなり低下してしまいます。室内の小屋に近い壁際に中継機を設置すると言う手もあるかもしれませんが、有線引く方が安上がりで、おそらく速度も出るはずです。
2015-11-18 Wed 17:14 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
私の観測所も最初から有線LANを引いていますので全くストレエスフリーです。しかも取り出しが3箇所ありますので取り回しもやり易いです。
2015-11-19 Thu 11:45 | URL | ugem #-[ 内容変更]
>全くストレエスフリー
 私も小屋は有線と思っていたのですが、自宅の壁に穴を開ける以外の方法を知らずヨメさんに言い出せませんでした。この隙間ケーブルでさえ、断熱性が下がると心配しているくらいなので壁に穴を開けるなどとんでもないですから。
2015-11-19 Thu 16:06 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター