2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
まだまだボランティアが必要 鬼怒川水害
2015-10-04 Sun 00:00
鬼怒川水害の発生から20日経って、ボランティアの数が減っていると書かれている。平日のボランティア数が少なめのは仕方がないかもしれないが、週末にはある程度の人に集まってもらいたいと思っていたら、10月3日の土曜日は1000人を久しぶりに越えたようだ。

 →常総市災害ボランティアセンター(がれき除去,清掃など)
    ★場所が変わったのでご注意を。

1510022.jpg
[常総市災害ボランティアセンターFacebookトップページの写真]


東日本大震災のときには被災地が遠くて行かれなかったが、鬼怒川水害は地元なので行こうという気持ちさえあれば何度でも行くことができる。初めて参加した時に配られた資料を後で読み直してみて、ああすればよかったこうすればよかったなどの反省点もあり、また次の機会をなるべく早く作って行ってみようと思う。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0
<<土浦花火の帰り客と鉢合わせ | 霞ヶ浦天体観測隊 | 低気圧通過で強風>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター