2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
鬼怒川氾濫前後の比較地図の見せ方
2015-09-19 Sat 00:00
1509151.jpgみゃおさんの『ほんのり光房』の「国土地理院による鬼怒川氾濫前後の比較地図」という記事で、今回大水害を被った鬼怒川と小貝川に挟まれた地域の水害前後の比較地図を見られる。その比較の仕方が秀逸。移動天体検出に使うのもよさそうだ。

・【衝撃的】茨城県の堤防決壊、下流の千葉県の画像がヤバイと話題に!銚子港の一面がガレキで茶色に染まる!
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:4
<<FC2ブログに大規模な障害が発生? | 霞ヶ浦天体観測隊 | パンイチで聞いた枝野演説>>
この記事のコメント
このワイプ比較は地図の世界で(ぼくは)初見なので、おもしろいと思いました。縦方向のワイプも欲しかった…。できればいくつかの比較方法が選べると良いですね。プレゼンソフトのスライド切り替えみたいに。それにしても、某G社製の地図システムとの差別化に躍起になってる姿勢が見て取れます(笑)

9/12記事にも書いたですが、銚子港からあふれた泥水は気象衛星でも確認できます。強大な自然の前に人間は弱いですね。
2015-09-20 Sun 14:16 | URL | みゃお #chDfx1pU[ 内容変更]
このワイプ比較、自分でも作れそうですか?
さらに、縦ワイプとか、複数枚ワイプとか、、、。
2015-09-21 Mon 17:55 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
見たところ地理院のシステムはサーバーサイドなので、ユーザーがどうこうできるものではないですね。G社のように半分クライアントサイドで処理できると自由度が高くなるのですが…。昔地理院の担当者に聞いた話ですが「自分たちのメイン業務はアプリ開発でなく、ベースとなるデータをいかに精度良く作るかです」とのことでした。

ということで、たとえば天体用の全天比較システムはこういった地理システムと同じ仕組みで構築できるけど、現状では1から自分で作らなくちゃいけないということですね。ちょっと大変かも…。GoogleSkyのようなのがうまく発展してくれると良いのですが、あまり進歩してないようです。
2015-09-22 Tue 14:11 | URL | みゃお #chDfx1pU[ 内容変更]
>現状では1から自分で作らなくちゃいけないということですね。ちょっと大変かも…。
 みゃおさんでもちょっと大変そうですか、、、。
2015-09-23 Wed 13:19 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター