2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
FM電波を用いた流星観測が地震観測へ
2014-10-28 Tue 00:00
・【注意】地震専門家の串田氏が「来年の2月中旬頃にマグニチュード7~8の巨大地震が来る」と警告!近畿圏で発生する恐れ!
 FM電波を用いた流星エコーの観測、串田嘉男さんってこういう方なのか。
別窓 | 話題いろいろ | コメント:2
<<かんむり座R(R CrB)と国際宇宙ステーションの月面通過予報 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 水戸芸術館で国本武春ステージ>>
この記事のコメント
髪伸びたな、串田さん…。
ぼくの印象には八ヶ岳で小惑星や彗星探ししてた星の村時代の軟派?な印象しか残ってませんね…。当たり外れはともかく、しっかりポリシーもって活動していらっしゃるぶれない姿勢はすごいです。
2014-10-28 Tue 06:00 | URL | みゃお #chDfx1pU[ 内容変更]
地震予測の様な分野は国家プロジェクトとして膨大なお金が動くわけですから、串田さんのやっていることを評価するわけにはいかないという人たちもたくさんいるはずです。そういう中でやり続ける信念とか情熱とか、すごいことだと感じます。
2014-10-28 Tue 15:32 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター