2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
漠然たる不安に、国滅んでも山河残る、、、。
2014-05-29 Thu 00:00
・内田樹:GQの人生相談6月号
 国滅んで山河あり、、、。

1日2回病院訪れる85才患者に医師が「充分長生きしただろ」 医師が話したひと言に凍りついた
 私には最高の信頼関係にある高齢者と医師との一場面とも感じられるので、状況次第でまったく別の記事が書けそうだ。しかし、世の中には同じ場面に遭遇しても不愉快に感じる人、字面通りにしか受け取れない人もいるから(安全策を取るならば)言うべきではないということになるのだろう。味気ない事だ。

・「障害」を「症」に 精神疾患の新名称公表
 「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」→「注意欠如・多動症」:ちょっと長いが仕方ないか。「性同一性障害」→「性別違和」:これはまぁ良さそう。問題はこれ、「アスペルガー症候群」は単独の疾患としての区分はなくなり「自閉スペクトラム症」に統合されるって!確かに自閉スペクトラムに含まれるのかもしれないが、結局区別する名称が必要になるのではないだろうか。「アスペくん」とか「アスペ子」という愛称は今後一律「自閉くん」になるか?「アスペルガー傾向」のある人間は程度の差はあれど世間にはいくらでもいるが、一律「自閉傾向」なのか?違和感ありありだ。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:10
<<STAP事件はどこへ行く | 霞ヶ浦天体観測隊 | 福島のヤマトシジミ>>
この記事のコメント
>「アスペルガー傾向」のある人間は~一律「自閉傾向」なのか?違和感ありありだ

 私の見聞の限りでは、アスペルガー傾向の人は、興味の範囲が限られていて、コミュニケーションのやり方が多数派と異なっているだけで、「病気で閉じ籠もっている」わけではないと思います。特定のカルチャーに入ると、雄弁の立つ人もいるのではないかと思いますが、どうでしょうか。有名人の「アスペルガー出身」などを調査をしてほしいところです。

 もっとも、一般に「自閉症」と呼ばれている人も、これと似た状況で「一連のスペクトラム」というのは分類学的には正しいのでしょう。「自閉症」という名前が悪いのかもしれません。「特定コミュニケーション症候群」などだったらいいように思います。
2014-05-29 Thu 07:39 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>「特定コミュニケーション症候群」

これ、的確かも。

>アスペルガー傾向の人は、興味の範囲が限られていて、コミュニケーションのやり方が多数派と異なっているだけで、「病気で閉じ籠もっている」わけではないと思います。

そうです、普通に社会生活をしている腓との方が多いはずです。「自閉」というレッテルを貼る事は、一律に閉じこもったイメージを与え、社会生活を支援する上での妨げになると思います。

>有名人の「アスペルガー出身」などを調査をしてほしいところです。

芸術家とか科学者などは「アスペルガー出身」がその才能を発揮する為に有利に働くと思います。私の知る限りでは、S.Uさんは傾向少ないと感じますが、お仲間には多いのではないかと思いますよ。そういう私も若干傾向あります。発揮する才能が無いのでただの話べたなおっさんですが。
2014-05-29 Thu 10:01 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>お仲間には多いのではないか
 かすてんさんも私も興味の範囲が狭いことはないようなので、今は違うと思いますが、小学校低学年くらいまでの私はその気があったかもしれません。このへんの年代までは、単に人見知りの程度の問題かもしれません。
 
 おっしゃるように、たまに学生さんにその傾向の人を見受けますが、少なくとも共同研究の分野に入ってくる人は「閉じこもっている」ということはなく、人付き合いのやり方が特殊であるだけだと思います。

>話べたなおっさん
 かすてんさんが「話しべた」なわけはないとして、確かに上記のような若い人のうちには、勉強やパソコンのやり過ぎで単に人と会話する方法を忘れてしまった人もいるようなので(こういうのは別に病気ではない)、注意が必要なようです。

2014-05-29 Thu 17:38 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>人見知り
>人付き合いのやり方が特殊
>単に人と会話する方法を忘れてしまった人もいるようなので(こういうのは別に病気ではない)

上の様なことを取り上げて、だからアスペとは言えないでしょうね。

私の場合は、興味を注げるところとちっとも注げないところの差が大きいかもしれません。「普通の人ならばそこでこういうことを聞くのが常識」と思われる状況でも、興味を持てないから問いかけもせず一般的な会話にならない場合があります。分かれた後で、「あれ、なんでその場で聞けなかったんだろう」と後悔する事ばかりです。

>人付き合いのやり方が特殊

私の知っている狭い範囲での物理学の指導者級の方々(学生ではないという意味)は、変わった人が多かったと感じます。当時私が若くて濃厚な個性に耐性が無かったからかもしれませんが。あの当時の記憶の中の人たちとS.Uさんとは随分毒々しさが違うなぁと感じます。
2014-05-29 Thu 18:01 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
仮に本当にアスペだとしても、コミュニケーションが特殊であるだけなら、その才能は十分に生かせると思いますので、採用試験等で、あまり一律にコミュニケーション能力ばかりを求めないのがよいと思います。

>興味を注げるところとちっとも注げないところの差が大きい
>物理学の指導者級の方々(学生ではないという意味)

これらは、同じことじゃないでしょうか。

 物理屋は、こだわるところには徹底的にこだわり、どうでもよいところは本当にほったらかし、その差が激しいかもしれません。職人や芸術家も同じようなものですが、物理屋の好き好きは各人がまちまちなため、自分勝手に見えて他人に理解されにくいということはあるかもしれません。
2014-05-29 Thu 19:12 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>仮に本当にアスペだとしても、コミュニケーションが特殊であるだけなら、その才能は十分に生かせると思いますので、採用試験等で、あまり一律にコミュニケーション能力ばかりを求めないのがよいと思います。

そのとおりだと思います。

>物理屋は、こだわるところには徹底的にこだわり、どうでもよいところは本当にほったらかし

ご自分とか周囲を見回して、その傾向はあると感じられますか?物理屋さんたちは多少アスペ傾向があることで力を発揮できるのだと私は思っています。
2014-05-29 Thu 20:31 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>ご自分とか周囲を見回して、その傾向はあると感じられますか?
 こだわりの分野が明瞭なこと(ただしその方向は人によって大きく違う)は今でもそのままですが、コミュニケーションについてはとても変わって見える人は非常に減ってきました。国際共同研究になって、外国人と議論してやっていくので、細かい会話の機微が通用しなくなって、人付き合いが実務的になってきたのかもしれません。電子メールが多用されるようになったことも影響しているでしょうね。ふだんはおとなしいがネットでは雄弁、という人もいますよね。
 私が見る限り、近くの研究者は、自分のやっていることに関して妥協しない人が多いものの、ほかは普通に見えます。私の目が同化しただけということも考えられますが。
2014-05-30 Fri 04:41 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>細かい会話の機微が通用しなくなって、人付き合いが実務的になってきたのかもしれません。電子メールが多用されるようになったことも影響しているでしょうね。

これはアスペくんには断然有利な環境ですね。その場の空気どころか、相手の顔の表情を読む事がとても苦手なアスペくんは、言葉によるコミュニケーション重視の国際的舞台の方がはるかに居心地が良いはずです。電子メールも合ったツールでしょう。

>私の目が同化しただけということも考えられますが。

まぁ、これも大きいかもしれませんね。
2014-05-30 Fri 09:11 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>アスペくんには断然有利な環境
 
 おぉ、そうですか。それは面白いですね。外国人の登場で、コミュニケーションが苦手な人が息を吹き返すのですね。

 逆に腹芸と睨み目だけで世を渡ってきたような人は、西洋人から見れば、ただの「smart でないおっさん」ということになってしまうでしょうね。
2014-05-30 Fri 19:28 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>腹芸と睨み目だけで世を渡ってきたような人

逆に出る幕無くなったでしょうね。
2014-05-30 Fri 23:18 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター