2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
実は日本人は怠惰だった
2014-04-26 Sat 00:00
「日本人は(案外)怠惰である」という文章を読んで結構納得できるところがあった。どこで読んだのか忘れたのでキーワードから検索したところ『楽園はこちら側』というブログだということは分かったがそのブログを表示することができない。もう少し探したら、件のページを「コピペ」してくれているブログがあったのでそこへのリンクを張っておいた。日本人が「勤勉」かの様に見えるのは勘違いで、実は「怠惰」の裏返しに他ならないという。「日本人は怠惰だ」という視点から周囲を、日本を見渡すと、なるほどと言う場面はそこら中にありそうだ。

 →日本人は(案外)怠惰である

[追記]どういうわけだか今朝は元ページを見ることができたので直接リンクを追加しておく。
日本人は(案外)怠惰である(『楽園はこちら側』)
別窓 | 雑感 | コメント:2
<<「科学者が苦労して得た成果も自分の所有物ではない」 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 16日ぶりに星空>>
この記事のコメント
>「日本人は(案外)怠惰である」
 私もそう思います。私の狭い経験範囲ですが、一つのことを厳しく追及し続けるという態度では、ロシア人やドイツ人のほうが、ずっと勤勉のように感じます。正しくは、「日本人は勤勉だった」というべきかもしれません。昭和の頃までは、日本人もロシア人やドイツ人のようにものごとを長い間かけて掘り下げる根性があったのかもしれません。今は、一定の時間をかけてうまくいかなければ価値のない問題として問題意識自体を捨ててしまう人が多いです。

 でも、だから、ロシア人やドイツ人がすばらしい進歩をしているかというと、彼らは、一方で、古い制度にこだわってなかなか脱却できなかったり、ものごとを最後まで仕上げる要領が悪かったりするところもありますので、どちらがよいとかという問題ではないように思います。
2014-04-26 Sat 07:54 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>今は、一定の時間をかけてうまくいかなければ価値のない問題として問題意識自体を捨ててしまう人が多いです。

知的体力を育てられないのはいまや国民病です。
2014-04-26 Sat 13:10 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター