2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
STAP事件の病根
2014-04-14 Mon 00:00
武田邦彦氏は、STAP事件簿13 研究が悪いのか、書き方が不十分なのか?の中で、STAP事件はある種の人たちが「火の無いところに煙を立てて、日本の科学に打撃を与えた」事件だったとまとめている。

さらに進めて、自分の生活に関係がなく、被害もなく、論文も面白く価値があるのに、これだけ懸命にイジメを続けられるのは何故なのかについて、一種の集団催眠現象(大人のイジメ)が発生して誰も自分で判断していないからだろうと推察している。
STAP事件簿14 深層(2)自分は判断せず、受け売りを自分の判断にする社会

これは、STAP事件だけでなく、日本の社会病理といえる根深い問題だと思う。
別窓 | STAP事件 | コメント:2
<<最接近日の火星 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 菜の花と月>>
この記事のコメント
>日本の社会病理
 昨今の日本では、「行動力」、「実行力」ということが言われていますね。そして一方では、「忙しくてじっくり考えている余裕がない」、「考えてもどうせわからない」ということもよく聞きます。
 
 つまり、「考えずに実行する」ということが推奨されているという世の中のようです。そんなアホなことはありません。というかこれではアホそのものです。

2014-04-14 Mon 22:41 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>「考えずに実行する」ということが推奨されているという世の中のようです。そんなアホなことはありません。というかこれではアホそのものです。

「考えずに実行」とは「○○に凶器」ってことですから危ない事この上ないです。
2014-04-14 Mon 23:04 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター