2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
『BRIO』12月号
2007-10-27 Sat 00:25
17P/Holmesを見た興奮の一夜が明け今日は雨の一日。今夜は雑誌などをめくりながら。

071026.jpg 『BRIO』12月号の第2特集は「冬の夜空を眺めてみれば」。この中でブログ『星を見るための別荘』のカノープスさんが取材されたという。どれどれ、どんなお部屋か拝見。大きな開口部と広いフローリングのリビング。これは晴れて寒い冬の昼間は最高でしょう。この観測所兼別荘はご自宅から車で1時間の近距離という。なんともうらやましい。
 その他、天文台、機材、プラネタリウムについて紹介されているが、特に取り上げられている機材の価格帯からこの雑誌の読者層が想像される(私よりもそうとうリッチということ)。
別窓 | 話題いろいろ | コメント:1 | トラックバック:0
<<秋の宝石 夜空の宝石は遠い、、、 | 霞ヶ浦天体観測隊 | ホームズ彗星 (17P/Holmes) 幸運に感謝 >>
この記事のコメント
かすてんさん、こんばんは。
取りあげていただいて、光栄です。車で1時間で行けるというのが本当に良かったと思っています。体力と気力が衰えていくなかで、星をもっとみたいという選択でした。
ありがとうございました。
2007-10-27 Sat 21:41 | URL | カノープス #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター