2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
水星の一日
2007-10-20 Sat 00:15
0710162.jpg ヨメさんが渡部潤一さんの『NHKカルチャーアワー科学と自然「新しい太陽系 宇宙の姿」』を毎回聴いている。10月15日放送分のタイトルは「なかなか見えない水星の素顔」。その中で、水星の公転周期は88日、自転周期は58.6日でその比が3:2になっていることから昼が88日間夜が88日間続くと言っていた。理由が分からず悩んでいるヨメさんに説明した答えの図を上に載せたのでみなさんもこの頭の体操を考えてみて下さい。

 今夜は大雨。この雨が通り過ぎると秋の空がやって来るという予報なのだが、果たして、、、。
別窓 | 話題いろいろ | コメント:5 | トラックバック:1
<<『新太陽系図2007』 水金地火ヶ木土天海冥ェ… 覚え難い! | 霞ヶ浦天体観測隊 | 今年のオリオン座流星群はどうなるの?>>
この記事のコメント
おはようございます、ももで~す。
すると~。
水星のある地点では夜空の星はいつも同じ星座っていうことに?
2007-10-20 Sat 09:06 | URL | もも #-[ 内容変更]
88日かけてゆっくり一巡りするので、ある方向の星座はいつも夜明けに見えるとか、ある方向の星はいつも真夜中に見えるとかになりますね。なんかつまらなそう。
2007-10-20 Sat 10:16 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
こんばんわ、ももで~す。
すると、水星人はどうやって太陽の周りを公転しているのを
認識するのでしょうかしらね?
2007-10-20 Sat 20:04 | URL | もも #-[ 内容変更]
こんばんは。
水星の自転周期と公転周期が同じでなくて良かった。
同じならずっと夜の世界(凍てつく?)と昼の世界(灼熱地獄)になっていたでしょうね。
水星から見える太陽は大きくて眩しいでしょうね。
2007-10-20 Sat 21:08 | URL | 中井 健二 #7w5mtEUg[ 内容変更]
>ももさん
 水星人になったことを想像して頭がこんがらかってしまいました?きっと水星人の体内時計は自転周期に合わせて地球人よりもゆっくり動くから、心配しないでもちゃんと認識できるのじゃないかな。

>中井さん
 水星の距離で公転と自転が同期していつも同じ面ばかり太陽の方を向いていたら、それはそれは熱いでしょうね。
2007-10-20 Sat 23:44 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


意味不明です。 がしかし、それは事実らしい。 普通自転=一日と考えられるので、公転の方が短くなることなんてあるのだろうか? いやいや、それがあるんです。 水星の公転は地球時間の約88日とやや速く 一方、自転は地球時間の約59日と遅く、公転の約三... …
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター