2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
十六夜の赤い月
2013-09-21 Sat 00:00
昨夜は快晴の中秋の名月だったので、星見の人たちは休測日にしたことだろう。そんな中、例のラプトル少年は家族でお月見に出かけたそうだ、望遠鏡を持って。ラプトル父さんは「満月がこんなに明るかったことに、改めて驚いた」、「月の黒い部分もあまり黒っぽくないくらいに明るかった」と言う。月で影ができることとか、いろいろと発見があった様だ。

1309201.jpg今日は帰宅したとき東からちょうど十六夜の赤い月が昇って来たところだった。

今夜の観測:月は明るいが少しだけ変光星の観測。ο Cet4.8等、SS Cyg11.9等。いるか座新星はこの空の明るさでは5cm双眼鏡では無理だ。GN Aurは撮影だけ。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
<<春を賑わした2彗星の後ろ姿 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 「選ぶ人があほならば選ばれる人もあほ」以外はあり得ない>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター